メンタルケア(3) 運動のススメ

イノフジ チクワです。
今回はメンタルケアの3回目。運動について取り上げます。
メンタルじゃないんかい!と思いますか?笑 でも運動がメンタルに与える効果って大きいのです。

◆この記事の対象

若手の社会人の方。
後輩や部下の調子が気になる中堅以上の方。
休職を考えている方。
休職中の方。
休職から復帰されたばかりの方。

◆運動のススメ

みなさんは運動してますか?
私はジム通いをしています。頻度は週2、3回とのんびりめ。
休職した頃から体重が増えてしまったので、ダイエットも兼ねて。
今回はこの運動の効果について考えてみましょう。
運動は身体の健康だけでなく、心の健康にもいいとされています。
「心の」と言いましたが、脳が密接に関わっています。
ウツというのは心の病気のようで、実は脳内の神経伝達物質が不足することで起こると言われます。
脳の病気なんですね。
私も精神科を受けたときにびっくりしたのですが、頭の血流からもウツかどうかを判断するのです。
運動することでセロトニンやエンドルフィンといった神経伝達物質が増加しますので、
脳が通常の状態(ウツでない状態)になり、気分がすっきりして前向きになるということです。
では、心の健康にはどのような運動が向いているのでしょうか?
それは有酸素運動です。
有酸素運動とは中程度で長時間行うことのできる運動です。
ウォーキングや軽いジョギング、水泳などがよいかもしれませんね。
もう少し軽めの運動がいいなぁという方にはヨガをオススメします。
次節ではヨガの魅力にフォーカスしてみましょう。

◆ヨガのススメ

ヨガというとすっかり日本でも定着していますね。
女性向けのスタジオが多かった印象ですが、最近は男性も参加できるところが増えてきているようです。
私もジムではホットヨガに参加できるプランに登録しています。
湿度・温度の高い部屋でヨガを行うのがホットヨガですね。
調子を崩していたときに体験をしてみて、かく汗の量にびっくりした覚えがあります。
とても心地よく汗をかけたので、ジムに通うことを決めました。
ジム等に通えないという方は、家でトライしてみましょう。
有名なインストラクターの中にはDVDを出している方もいらっしゃいますので、
それを見ながら行うことができます。
それもハードルが高いという方にオススメなのは、「寝たまんまヨガ」というアプリ。
アプリの名の通り、寝た状態で行うことができます。
アプリでプログラムを選択すると、ヨガの動きをアナウンスしてくれますので、それに従うだけ。
目をつぶって行うので途中で寝てしまうと思います。
睡眠障害がひどかった頃は大変助かりました。
ですので、眠れないと悩んでいる方にもオススメです。
ぜひお持ちのスマホで探してみてくださいね。

◆具体的な行動への落とし込み

いかがでしたか。運動とヨガをオススメしてみました。
私も運動は苦手な方でしたが、楽しみながらできる範囲で続けています。
自分に合った運動が見つかるといいですね。
ここで、具体的な行動への落とし込みをしてみましょう。

・有酸素運動を始めましょう。種類はハードル低めの方からトライするとよいです。
・運動を習慣化してみましょう。定期的に運動することで心と身体の健康を保ちます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ メンタルヘルス教育・対策へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です