仕事論(2) 残業は悪?メリハリのススメ

イノフジ チクワです。

うちの会社の新人配属はもう少し先ですが、4月に配属された新人さんはすでに残業を経験しているかもしれませんね。

残業はしすぎると個人にとっても会社にとっても損失になりがち。

そんな残業について考えてみましょう。

◆この記事の対象

若手の社会人の方。

中堅以上でも後輩や部下の考え方が気になる方。

◆メリハリのススメ

エントリーのタイトルには「残業は悪?」という問いを入れてみました。

みなさんどう考えますか?

私は必ずしも悪いとは言えないかなと考えています。

定時後の時間を有効に使えますし、残業代も少しはほしいですし笑

ですが、ダラダラと仕事をするのはよくないので、メリハリはとても重要です。

このとき意識したいのは「最小労力で成果を出す」ということ。

成果÷労力を最大にすることを目指すのです。

評価も上がりますし、心の安定にもつながるからです。

手を抜いて労力を小さくするのではなく、「スマートに整然と」仕事をすることを心がけましょうね。

ついでにこれもやっとこうはNG。

そういったものほどあとで使う試しはないのです。

「スマートに整然と」です。

かっこよく仕事したいですね。

◆具体的な行動への落とし込み

いかがでしたか。残業は悪いことではないですが、メリハリつけて最小に抑えましょう。

ここで具体的な行動へ落とし込みをしてみましょう。

・慢性的な残業はしない。メリハリをつけて仕事する。

・成果÷労力を大きくすることを意識する。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です