home

イノフジさんの仕事術講座へようこそ。

発信するジャンルは以下の3つです。

(1)仕事術のススメ

仕事の仕方って教えてもらえていますか?

独学でという人も多いのではないでしょうか。

外の情報をうまく取り込みながら、自分なりのスタイルが築ける人はよいのですが、そうでない人は下手をすれば悪循環に陥ってしまいがちです。

自分は後者の方でした。

さらに今では「働き方改革」で残業規制されている会社も多く、これまでの仕事の仕方ではどうにもならん!と焦っている人もいるのではないでしょうか。

自分はウツからの復帰を機に見直しを始め、仕事の仕方についても外の情報を取り込むことを覚え、”仕事術の極意”を発見しました。

まだまだ発展途上ではありますが、ひとつの助けになるのでは、と思いますので、紹介していきます。

(2)知財活動のススメ

自分はこれまで研究開発部門、知財部門で働いてきました。

研究開発部門ではイヤイヤながらに書いていた特許。現在は知財部門ですので、それを推進していく立場にいます。

ひとつ忘れないようにと思っているのは”技術者視点”での知財活動です。

もともと技術畑出身ですし、今も当時の専門分野を担当する知財部門として働けていますので、技術に寄れる知財担当者でありたいのです。

逆に技術者としてこうあればよかったと思うのは、知財に寄れる技術者でありたかった

ということ。

お互いに寄っていくことってとても大切なんですね。

化学変化というか、シナジー効果が生み出せるはずなんです。

自分は知財担当者としてはまだまだひよっこですから、ここでは技術者向けに「知財に寄る」ことの大切さを紹介していきます。

知財部門の方も、これを読んで、技術者視点の考え方(の一例)を知っていただければ幸いです。

(3)メンタルケアのススメ

上述のように、私はウツでの休職を経験しています。

少し休めば回復して復帰できる方もいるようなのですが、自分はそれができませんでした。

休みながらもがいていた時期、少し活動的になり外部の支援を受けていた時期等、いくつかに分けながら、ウツにならないために・ウツになってしまったら、といった内容を紹介したいと思います。